2017年5月16日火曜日

長期投資を続けるモチベーション

昨日こんなツイートをお見かけしてびっくり仰天しました。



100万円が4億9千万円・・・長期投資の力って本当にすごいですね。
元ネタであるThe Wall Street Journalの記事では、「このモンスターのような運用益を得るには、ソシオパスか、感情の全くない人間でないと無理だ」と言っています。

なぜなら、アマゾンの株価が1日で6%下がったことが199回、3日のスパンで15%下がったことが107回あるからだそうです。

そんなロスに耐えられる投資家は、なかなかいないものです。


最近、いつも聞いているInvest Talkという投資系ポッドキャストで、こんなことを言っていました。

「今の投資が楽しいと思っているのであれば、きっと何かが間違っている。長期投資というのは本来つまらないものであるべきだから。」

確かに、下がっている時に大量に買い入れたものが上がってこそ、運用益を最大化できるものですから、株価が上がっていて喜ぶのは少し違うのかもしれません。

でも誰だって買っている株が値上がりしていたら、にやにやしてしまうものですよね。


今回このAmazonの記事を読んで、前職の持ち株制度で買った株をもう少し保有し続けてみようかなと思いました。
会社を辞めるときに100株持っていたものが2回株分けして900株になっており、株価でいうと10倍近くになっています。途中で自分で買い足したものも3倍になって売却したので、今持っている株は実質タダです。

これは、倹約生活を送りながらも投資をして莫大な富を築いた本多静六さんのやり方から学びました。
給料の1/4を貯蓄し、一定の額になったら株や不動産に投資する。
株は買った値段の2倍になったら半分売却する。そうすると保有している株は実質タダになる、ということです。



こう見ると、一番良い投資法は、

1.将来有望な企業を見つける
2.投資する
3.忘れる(もしくは気絶する)

なのかもしれませんね。笑
少なくとも私には、チャートとにらめっこしてトレードする投資法は向いていません。

投資したら忘れることが鍵なのだとしたら、モチベーションを上げる必要すらないのかもしれませんね。


----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿